aki-1

この記事では薬剤師目線で食材の効能を分析しています。

今回は「クロレラ」をについてご説明します。

クロレラが商品化されて50余年が過ぎました。日本のサプリメントの草分け的存在です。

現在も非常に人気度が高く、どこのドラッグストアでも必ず置いてあります。

クロレラが世界に先駆けて日本に定着した理由

kuro-1

第二次世界大戦の食糧危機の解決策としてGHQ(連合国軍総司令部)が大量培養の研究を指示したことが原因です。

クロレラは乾燥重量の60%前後が蛋白質という、高蛋白質食品です。第一次世界大戦後のドイツでも貴重な蛋白源として培養研究が進んでいました。

クロレラはそのままでは消化率がきわめて低い

クロレラは炭水に棲息している単細胞藻類です。そのまま食べた場合、表面の細胞壁が硬く、消化率が低く、約40%です。

現在売られている商品は、細胞壁が薄いクロレラを原料にしたり、細胞を破壊するなどして、消化率80%にまで高めてあります。

クロレラにはクロロフィルがたくさん

光 合成で増加するクロレラは、太陽の光エネルギーを有機物に返還するのに必要な葉緑素であるクロロフィルをたくさん含んでいます。

また、白内障を改善する作 用があるルティンなどのカロチノイド(色素成分)、ビタミンK1や葉酸などのビタミン、鉄やマグネシウムなどのミネラルも豊富に入っています。

それに加え、食物繊維も多く含んでおり、便秘改善の他にダイオキシンなどの有害物質を吸着して、血中コレスレロールを下げる作用もあると言われています。

その他にも免疫機能を改善し、アレルギーを抑える作用も期待でき、現在ではこの作用に期待が寄せられています。

クロレラがダイオキシンの排出を促進するデータ

28匹のラットを7つのグループに分けます。クロレラから抽出したクロロフィルの濃度を変えた各肥料を5日間させます。

初日のみ、17種類のダイオキシンが入った飼料を一晩絶食のラットに食べさせました。

そして、5日間、ラットに糞便中の排泄されたダイオキシンの量を調べたところ、飼料中のクロロフィル濃度が高いほど多くなりました。

通常、何もしなければ、ダイオキシンは約90%が吸収され、体内に貯留すると言われています。

注意事項

クロレラは非常に優れたサプリメントではあるのですが、抗凝固剤のワーファリンを服用している人は、摂ることができません。

何故なら、クロレラにたくさんあるビタミンKがワーファリンを代謝するチトクロームP450の活性を高め、ワーファリンの作用を抑えてしまうからです。