aki-1

スポーツファーマシストとは、薬学の知識を駆使してアンチドーピング活動に積極的に参画する薬剤師のことです

ドーピングと言えば、オリンピックや国体が開催される時期になると、飛び交う言葉でもあります。

そして、アンチドーピング活動は紛れもなく薬剤師の仕事のひとつであると言えます。

ドーピングと言えば、一般的には、「選手が競技成績を上げる目的で薬物を使用する不正行為のことです。

しかし、薬、ドリンク剤、サプリメントが溢れている社会において、うっかり服用してしまった薬が、ドリンク剤がドーピングにひっかかって、競技に出られなかったということもあります。

薬局薬剤師がアンチ・ドーピング活動に取り組む際のポイント

sport-pharmacist

うっかりドーピングの回避

アンチ・ドーピング機構(WADA)が定める禁止物質が医師の処方する薬、OTC医薬品、サプリメント等にも多く含まれています。

従って、薬剤師の仕事は薬の知識がない選手たちが、禁止物質入りの市販の風邪薬や栄養ドリンク剤を選び、服用してしまう「うっかりミス」を回避することです。

陽性反応が出れば、故意かミスかを問わずに順位と記録は抹消され、何か月、あるいは数年間、競技大会出場は停止となります。

競技できる肉体を維持できるのは一生のうちの数年です。選手生命を失うこともあるでしょう。

こういった事態を防ぐためには薬局の薬剤師の職能が必須になってきます。

WADAが出す禁止薬リストは毎年変わる

例えば、ある年はカフェインが禁止物質だっだのに、翌年は禁止物質のリストからはずされ、新たに内服薬のフィナステリド(日本では未発売)などが新たに禁止物質に加えられていました。

そして特記すべきことは、医師の処方で日常茶飯事見受けられる喘息の薬であるβ1作用剤が興奮剤、筋肉増強剤として禁止物質に指定されていることです。

市販薬に詳しくない医師がうっかりドーピングを回避するには難しい

薬の専門知識がないスポーツ関係者、OTCに詳しくない医師が禁止物質リストを頼りにうっかりミスを回避するのは困難なことです。

しかし、薬剤師であれば、基礎ができているので、応用力を働かせ、アドバイスができます。

例えば、OTC胃薬や滋養強壮剤の中にホミカエキスが入っていることがあります。

このホミカエキスの主成分は、禁止薬物のリストに含まれているストリキニーネだと薬剤師であるなら、わかって当然です。

薬物代謝や血中濃度から、ホミカエキスを含んだ医薬品は競技日一週間前までに服用を止めなければいけません。このようなことを薬剤師は選手に指導し、うっかりミスを回避していくのです。

実際にアンチ・ドーピング活動に参画した薬剤師の声

国体競技会場の近くの薬局の薬剤師の声

期間中、選手に問題が出ないようにと責任を感じながらの取り組みでした。選手が手に取る商品には禁止物質が含まれているものも少なくありません。

のど飴が欲しい選手が手頃なという感覚で浅田飴を購入しようとしたので、これには禁止物質のエフェドリンが含まれていることを説明して、代わりにトローチを選んであげたこともありました。

「将来は会場の医療チームの中にも薬剤師も招かれるようにならなければ。

そのためにはしっかりと勉強をしていかなければ思っています。

アンチ・ドーピングに無関心の薬剤師も多い

アンチ・ドーピングの活動に無関心の薬剤師が多いとよく言われています。

そこには薬があり、薬の扱いに問題が生じているのに、薬のプロだと自認している薬剤師が何故、無関心でいられるのでしょうか?

薬剤師の仕事は調剤という閉鎖的な考えが、規制緩和によるコンビニ等での薬の販売への道を開いたのではないかという声も上がっています。

選手たちが薬剤師のいないコンビニで禁止物質の入った医薬品を買う可能性は十分にあります。

スポーツの世界にも薬剤師しかできないことがある

スポーツの世界にも薬剤師の活躍の場があります。

薬剤師会、日本アンチ・ドーピング機構、日本体育協会の3団体が同じベクトルに向かって協力しながら、日本のスポーツ界をよい方向に持っていくことができたらどんなにいいことでしょう。