aki-1

日本では古来からマグロを食料としてきました。縄文時代の貝塚からマグロの骨が見つかったそうです。

勿論、彼らが食べていたのは日本沿岸で獲れるクロマグロと言われる本マグロ。とてもいい味で、今では高級な食材として位置づけられています。

現 在、庶民が口にするマグロと言えば、メバチ、キハダ、インドマグロなど遠洋のものがほとんどです。

これらの中でもインドマグロは本マグロに最も味が似てい るといわれていますが、脂肪は本マグロの半分程度しか含まれていません。ということは、まったりとしたトロの旨さは本マグロにはかなわないようです。

栄養素は部位によって違う

maguro-1

赤身にはたん白質と鉄。血合いには鉄とビタミンE、タウリンが多く含まれています。

トロにはエイコペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)が豊富。マグロに含まれるたんぱく質は良質で必須アミノ酸のメチオニンを多く含んでいます。

メチオニンは不足しやすいアミノ酸で脂肪肝の予防効果があります。

その他のマグロのたん白質は必須微量元素であるセレンも含まれています。

セレンは脂肪の酸化を防ぐ一方、ビタミンEと共同で過酸化脂質を分解する働きがあります。

DHAとEPA

マグロの栄養素の中で一番、注目されるのはやはり、EPAとDHA。

これらは、α-リノレン酸からプロスタグランジンが出来上がるまでの中間体物質です。中性脂肪とコレステロールを減らし、血流の粘度を下げるため、血栓を予防する効果があります。

そのため、脳梗塞、心筋梗塞の予防だけでなく、脳血管障害でおきる老人性痴ほう症の予防、治療にも有効です。

特にDHAは脳細胞を活性化する働きがあり、脳にDHAが補給されると、脳神経の突起の伸びが促進され、脳細胞間の情報伝達が潤滑になると言われています。

老人性痴ほう症の患者さんにDHAをカプセルの形で飲ませたところ、判断力や計算能力が高まったそうです。マグロの中でDHAを沢山、含む場所は眼窩の脂肪で、次は中トロ、大トロの順番です。

ビタミンDの摂り過ぎには注意を

EPAなどが沢山あるからとトロばかり食べるのも少し問題があります。

何故なら、マグロにはビタミンDも又、豊富に含まれているからです。ビタミンDは体内でも合成され、普通に食事をとれば、不足することのない栄養素です。

現在ではむしろ、過剰摂取が問題になっています。一日所要量の10倍以上摂り続けると、食欲不振、体重減少といった症状が発言します。

ちなみにトロ一切れには100UのビタミンDが含まれていて、その一切れだけで一日の所要量に達します。

薬剤とマグロの相互作用

また強心剤のジゴキシンを飲んでいる患者さんにおいては、ビタミンDの過剰摂取が高カルシウム血症を起こさせ、それがジゴキシンの毒性を強くさせ。ジギタリス中毒を引き起こしやすい状態になります。

又、抗てんかん剤であるフェニトインをビタミンDと一緒に摂ると、ビタミンDの活性が低下し、カルシウムやリンの吸収が悪くなります。

そのため、このような場合は意識的にビタミンDを摂取するほうがいいようです。

その他にマグロの様な青魚はヒスチジンを多く含んでいるため、結核治療薬のイソジアニドと一緒に摂ると、体内にヒスタミンが蓄積され、顔面が赤くなり、頭痛、嘔吐、動悸などの中毒症状が現れてしまいます。