aki-1

「現在の医薬分業では患者さんが最も損している」と、医薬分業肯定派の医師が言うのです。

「経済誘導により進展した現在の医薬分業は患者さんのためになっていない」とはっきり断言しています。患者さんを中心に医薬分業に再構築するには、地域の薬剤師の努力、頑張りだからと応援もしてくれます。

この医師の話をまとめてみました。

現在の医薬分業は、患者さん不在のシステム

iyaku-bungyou-1

医薬分業の本来の目的は、医師と薬剤師がそれぞれの役割を持って、連携して適切な処方や投薬に心がけ、患者さんのために医薬品の有効性、安全性を高めていくことです。

しかし、分業率が上昇の一途を辿ってきた中にも依然として、患者の不満や疑問の声はありました。

医療関係者の中にも現在の医薬分業の在り方に批判的な考えを持っている人はいます。

現状の医薬分業において何が、一番の問題?

医薬分業で最もメリットを得なくてはいけない患者さんが一番損をしていることが問題なのです。

行政からの医薬分業の推進が開始された当初は、まだ薬価差益が医療機関の重要な経営資源でした。

そのため、薬価差益を縮めて医薬分業を推し進めることは、薬価差益によって生まれた医療機関利益優先の医療を改めることでもありました。

そして、医薬品使用の適正化を図るということでもあり、期待されていました。

ところが、薬価差益が縮小された今、それが原因で医療機関は経営が困難になったところがでてくるようになりました。

そのため、やむを得ず、院内の薬局を縮小させました。行政が院外処方箋の切り替えを推進していたことに便乗して院外処方箋に切り替え、薬剤師の削減を図り、経営悪化を抑えようとしました。

病院薬剤師は病棟に

病院薬剤師は医薬分業の推進以降、外来向けの調剤が減少した分、病棟の活動に目を向けていきました。

そこで医師や看護師と連携を図り、入院患者さんへのサポートに参画することで治療成績向上に寄与してきました。

病院薬剤師のこのような努力が実って今、病院薬剤師の活動が見されようとしています。

患者さんの選択余地は無くなって

病院では外来の調剤室にいた多くの薬剤師が入院患者さんの調剤と服薬指導や薬歴管理等のサポートに回ったため、外来の患者さんはほとんど院外処方に頼らざるを得なくなりました。外来の患者さんに選択の余地はありません。

患者さんの中には高齢で足腰が弱っているため、または障害があるため移動が困難で別の場所にある調剤薬局に行くのが大変といった、院外処方を不便に感じる患者さんは多いのです。

そのため、病院、診療所等の薬局機能は最低限、残すべきだったのです。

患者さんの院外処方によるメリット、デメリットを無視して経済、経営の視点から医薬分業を行っていることが問題なのです。

上記のような考えを持つ医療機関関係者は多いですが、そうした医薬分業のデメリットや問題点を挙げながらも基本は院外処方だという私(述べている本人)のような意見も少なくありません。

調剤薬局の中でも患者さんは損をしている

病院薬剤師が医師に対して話していた事が、調剤薬局の薬剤師は話しにくくなっているのではと考えています。

つまり、薬局にとって利益のある患者さんを薬局に回してもらっている意識を薬局薬剤師は強く持っているからです。

そのため、医師の機嫌を損ねるようなことは話せないという経済優先で進んできた医薬分業の弊害が、こんなところにまで浸透しているのです。

では、上記の内容を患者さん目線で考えてみます。ある調査報告によると、薬剤師が医師に対して遠慮気味の疑義照会をし、そのために患者さんへの服薬指導は無難なありきたりな説明で済ませようとしているように見えるようです。

患者さんはそんなわかりきった指導、情報を求めていません。

何の付加価値のない説明を聞かされ、時間だけが潰され、その挙句に指導料だけはしっかり払わされるのでは、患者さんの不満は溜まる一方です。

薬局薬剤師は薬の流れの中心にいる

患者さんの「損」を削減するには、地域医療という観点から発信していくことが重要です。

地域の医薬連携、薬薬連携での率直な情報のやり取り、共有ができるシステムを作ることです。

そして、薬局薬剤師はどの医師がどのような薬を使って処方するかが全部見える位置に立っています。

つまり、薬局薬剤師は地域的にも時系列的にも、薬の流れがよく見えるはずなのです。

その中で疑わしい事柄が発見されれば、すぐに警告を鳴らすことができます。

医薬品の適正使用の点からみて、そこに経済的な、利益優先の考えが介入するのは絶対にあってはならないことです。患者さん、特に外来の患者さんを守る最後の砦は薬局薬剤師です。

「おかしい」と思ったことは、相手が医師であっても曲げずに「おかしい」と発信し続けなくてはいけません。

薬の流れの中心にいる薬局薬剤師が躊躇することなく介入できるシステムこそ地域医療の真髄なのです。

薬局薬剤師は実績を医師に見せて

薬局薬剤師の在るべき姿は頭の中で描くことができても、現実的には医師に対して言い難いものです。

しかし、そんな問題は医師にデータを見せることである程度解決できると医薬分業肯定派の医師たちは助言してくれます。

例えば、こちらの病院だけがこの薬に対して違う使用方法だけど、その理由は?と、他の多くの病院ではこんな方法で……という風にデータで。このような処方動向の統計は地域単位でとれるし、協力的な医師も多いはずです。

薬局薬剤師は遠慮している場合ではない

流れを変えるのは、無関心の多数派ではなく、意志をもって動く少数派の人たちです。

また、自分の知識をさらに増やすことで医師と対等に向き合う自信が出てきます。医師と薬剤師の間に共通の認識を産み出さなければいけません。

それには医師も薬剤師ももっと勉強していかなくてはいけません。

今まで話しをしてくれた医師は最後、こう締めくくりました。「薬剤師はやらなければいけないことがたくさんあります。攻める道もたくさん持っているのに、何故やらないのですか? 何を遠慮しているのですか?」