aki-1

緑茶は日本人の生活には欠かせない飲み物。

毎日、意識せずに普通に飲んでいる人も多いと思われますが、この緑茶には優れた効能効果がたくさんあることをご存じだったでしょうか?

緑茶の効能効果

ryokutya-1

まず、ビタミンC。緑茶に含まれているビタミンCはイチゴの数倍!ビタミンCはウイルス感染に抵抗する力を増強し、ストレスに強い体を作ります。

お茶を飲んだり、お茶でうがいをしたりすることで風邪を予防するとよく言われるのは、この作用のためと言われています。

一般的にビタミンCは熱に弱いのですが、緑茶のビタミンCは熱湯を注いでも破壊されにくいと言われています。

ただ、二番煎じでは、ビタミンCの量はグッと、:減少します。また、緑茶にはカフェインが含まれていますが、覚醒作用があり、一時的に眠気や疲労を解消してくれます。そのため、仕事の合間に緑茶でティータイムを設けるのは、身も心もリフレッシュ効果が期待できます。

ただ、カフェインには利尿作用がありますが、玉露に至っては、カフェインがコーヒ―の約4倍も含まれているので、寝る前に飲むのは控えたほうが無難です。

緑茶のカテキンパワー!

O-157が流行った時、緑茶にはO-157を殺す働きがあると言われたことがあります。

緑茶に入っているカテキンの存在です。

カテキンには強い抗菌作用があります。例えば、ストッキングを緑茶につけると、一日中、はいていたストッキングの臭いが取れると評判になっています。

また、カテキンはガンの発生を抑える働きがあると言われ、緑茶を1日に10杯以上飲む地域の人々はガンの発生が平均よりも10年遅くなるというデータがあります。

鉄剤と緑茶

緑茶を毎日、飲むことは健康維持にもなることはわかったのですが、薬との相性が悪くなることもあるので、少し注意が必要です。

それは昔から言われてきた鉄剤と緑茶の相互作用です。

タンニンを含む緑茶、紅茶、コーヒーは鉄剤と一緒に飲むと、タンニンと鉄が不要性の塩を作り、鉄の吸収を阻害してしまいます。

それを避けるためには、鉄剤を飲む一時間前後はお茶を飲まないのが常識とされています。

とはいえ、お茶と鉄剤をうっかり一緒に飲んでしまった場合は。どんな影響があるのでしょうか?

鉄剤を飲む鉄欠乏性貧血症の患者さんのデータで分析してみます。

緑茶と鉄剤を同時に飲んだ場合

鉄の吸収は約3分の1、減少しました。鉄剤を飲み、30分後、緑茶を飲んだ場合は、吸収阻害はあまり見られず、一時間後になると、お茶の影響な全くありませんでした。

また、鉄剤の吸収を阻害する度合いは胃内のpHに深く関係しています。食後の胃の中は、酸性からアルカリ性に傾いています(pHの上昇)。

このときにお茶の影響が強く出てきます。

そのため、食後のいつも飲むお茶で鉄剤を飲んでしまうの避けなければいけません。

禁茶の必要性を疑問視する声

ところが、このような考えを否定する声が四方から出始めました。

タンニンが鉄吸収阻害するのは事実なのですが、食事に関係する程度の吸収阻害であるならば、治療の邪魔にはならないというのです。

成人の鉄の必要量は、約一日1~2mgで、鉄剤には鉄が100mg含まれています。そのため、緑茶の影響はないと考えられます。

それに、鉄が欠乏している貧血患者さんは鉄の吸収力が通常の人以上に強くなっているので、なおさら、緑茶の影響は受けにくいと考えられます

。濃いお茶を避けさえすれば、問題はなく、お茶を毎食後、嗜む習慣のある人でも、通常に飲んでも構わないということです。

緑茶の成分、特にカテキン類、フラボノイドといった免疫機構を活性化させ、インフルエンザやガンを予防、虫歯予防といった全てのサプリメントの効能が含まれているような緑茶を積極的にとるべきではないでしょうか?

また、現在は治療のみではなく、治療とともに患者さんのQOLを上げることの必要性も問われるようになりました。

患者さんのQOLを大切にというような流れの現在において。鉄剤を飲む時に禁茶の指示を出すことを薬剤師は見直さなければいけない時期に来ています。

また、製剤技術の向上で、お茶と一緒に飲んでも問題ないと言われる薬剤もあります。