aki-1

2014年、4月1日から薬局で自己穿刺による血液検査が可能になりました。

このことは医療機関に行こうとしない人々に対して、生活習慣病等の早期発見、早期治療の大切さを認識してもらうのに動機付けになると期待されています。

薬局で血液検査が可能になった経緯

blood-test-1

通常、医療機関以外で血液検査等が行われる場合、「衛生検査所」としての届け出が必要です。

しかし、臨床検査技師に関する法律改正が2014年、3月31日に行われた時、第20条ノ3第1項の「衛生検査所としての登録が不必要な施設」ということで「検体測定室」が設けられました。

検体測定室としての一定の条件をクリアして届け出を行えば、そこで検査を受ける人自身が採血し、その血液の検査を行うことができるようになったのです。

採血のやり方、検査後の対処の方法に医療行為が介入していないことを条件に実施されました。

さらに、検体の測定は医師、薬剤師、看護師、臨床検査技師のいずれかが行うことになっています。2014年の臨床検査技師関係の法改正は薬剤師も含めている以上、薬局が検体測定室になりうるということを示唆していることになります。

薬局でできる検査項目

  • 空腹時血糖値
  • HbA1c
  • 中性脂肪
  • HDL-コレステロール
  • LDL-コレステロール
  • AST
  • ALT
  • γ-GTP

検査方法

採血は必ず、検査を受ける人自身がやります。その後、採血した検体を測定するのは薬剤師が行います。

測定に約6分かかります。検査結果が異常値、境界値であれば、医療機関へ早期の受診を促し、被検者の病気予防、先の医療費抑制につなげていくことが薬剤師の任務です。

薬局によっては設置している検査機器が異なり、検査項目が一律ではないので、検査項目を薬局内に展示する必要があります。

血液検査が薬局で可能になったことの意義

薬局が血液検査を行う場所となったきっかけ

筑波大学大学院内分泌・糖尿病内科准教授(2014年当時)である矢作直也氏が率いる「糖尿病診断アクセス革命」がきっかけと言われています。

まず、矢作氏は2009年に登場したA1cGEARという検査機器に目をつけました。この検査機器は,1μLという極微量の血液を指先から採血するだけで、静脈血と同じぐらいの精度でHb1cを測定できます。そして使い易さもあって矢作氏は、各地で行われる健康啓発イベントで利用しようと考えました。

各地のイベントでHbA1cを片っ端から測定していきました。ところが、目当ての高血糖値を示す人がなかなか見つかりませんでした。

ここで矢作氏は、イベントに参加してきた人たちのほとんどが、健康に不安の無い人達なのだと考えます。健康に自信があり、賑やかしにちょっと検査してみようという感覚で……。

矢作氏はこの時、病人というほどではないが、体力に自信がない人がよく顔を出すところはどこだろうと考え、薬局を思いつきました。

薬局であれば……

薬局に来る人の多くは、何かしら健康に不安を感じています。病院に行くほどではないけど、もしかしたら重大な病気もあるのかなと相談にきます。

矢作氏はこのような人たちをターゲットに考えました。もし、悪い値がでたら、薬剤師は病院で再検査をするように勧めます。

まだ病気が軽度の状態で病院への橋渡しをすることは、本人のためになるだけでなく、医療費節約にもつながります。

OTC薬や日曜雑貨も多く取り扱っている薬局ほど期待大

OTC薬が僅かおいているだけの調剤薬局に来る人は、ほとんどが病院にかかっています。

そうではなくて、OTC薬、日用雑貨も置きつつ、調剤もやっているという商店街の中にあるような昔ながらの薬局に置くのが、一番理想的と矢作氏は考えています。

商店街の薬局を元気にできるプロジェクト

最近は調剤専門薬局とドラッグストアの二極化が進み、その間にいる両方の機能を持つ薬局の存続が危ぶまれています。

病院に行くことを嫌う人、病院にはかかっていないけど、半健康な人、つまり処方せんを持たない人たちが来る薬局です。

そんな薬局において血液検査を可能にすることで、その薬局の存在価値を高めることができます。

糖尿病、メタボリック症候群の早期発見、早期治療の役立てに薬局薬剤師も医療人としてさらに活躍できる場が増えたと言えるのではないでしょうか?