aki-1

ジェネリックとか、先発医薬品、お薬手帳などという言葉がよく出てくるようになり、病院や薬局の窓口で支払うお金の内訳に関心を持つ患者さんが多くなりま した。

マスコミでもお薬手帳をもらうともらわないとで、窓口で払うお金が違うといったことなどがよく話題になっていますよね。

領収書の内容を患者さんから 説明を求められた時、薬剤師はわかりやすく患者さんに説明することができるでしょうか?

調剤報酬の内訳がわかる領収書を出さなければいけない

tyouzaihousyuu-kaitei-1

保健薬局は、個別の費用ごとに区分して記載した領収書を無償で交付することが義務付けられています。

しかし、領収書の内容は保険薬局によってそれぞれ、少しずつ、異なります。

記載方法を点数であったり、金額であったりと、マチマチです。

保険薬局において、薬剤師が行った調剤業務の内容は全て点数に換算され、その点数は調剤報酬点数表の中で業務容毎に定められています。一点を10円として換算し、費用を算出します。

次にどの保険薬局の領収書に共通ある4つの項目について説明します。

1.調剤技術料

調剤技術料の中には、調剤基本料と調剤料が含まれています。

調剤基本料とは、薬局の基本的な機能の評価によって算定される、その薬局の基本料金です。処方箋の内容は関係なく、処方箋を一回受け付けるごとに算定されるものです。

薬局の機能とは、

 

①特定の医療機関の受付けた処方箋枚数の割合と全体の受付け枚数(ある医療機関に集中する率と受付け枚数が共に多いと、減算されます。

②備蓄品目数、麻薬小売業者の免許、在宅医療への対応などを満たしています。こちらは基準調剤加算の分野になります。

③後発医薬品(ジェネリック)の調剤数量の割合。後発医薬品の使用量が多いほど、高く加算されます。

④仕入れた全医薬品の取引価格の妥結率。低ければ、減算されます。

 

この4つのポイントについての評価から点数がはじき出され、薬局ごとに調剤基本料が決定されます。

調剤料とは、薬の調剤業務に対して算定するものです。内服薬、外用薬、注射薬、頓服薬などの剤形ごとに、処方日数や調剤日数に応じて算定されます。

その他、一包化、液剤、軟膏、散剤などの計量混合調剤、そして、麻薬、向精神薬の調剤などの特別な調剤が加算されます。

また、夜間、休日などによる調剤もこの分野に含まれます。

2.薬学管理料

患者さんへの服薬指導、サポート、処方医師や患者さんへの情報提供について算定されます。

この基本となるのが、患者さん毎に作成した薬剤服用歴の記録です。これには一人一人の患者さんに対して行った必要な確認と、行った指導を書くようになっています。

この一連の行為に対して算定されるのが「薬剤服用歴管理料」です。

この記録の中には、例えば、重複投与防止のための医師への疑義照会を行い、確認、処方変更した場合、この行為に対して、加算されます。

薬学管理料の中には、長期投薬情報提供料があります。その処方箋が長期日数であった場合、服薬中に得られた新規もしくは重要な情報提供した場合に加算されるものです。

また、近年では、在宅医療の推進という中で、在宅患者さんの服薬管理指導に関連する業務がより高く評価され、加算の対象になっています。

3.薬剤料

使用した医薬品そのものの値段、費用です。

設定された薬価基準をもとに算定されます。

薬価は「円」で表しているので、10で割り、それを点数にして使用量を乗じて、計算します。

4.特定保険医療材料料

インスリン製剤などの自己注射をするための注射器、注射針など保険薬局で交付が認められた医療材料のことです。

調剤報酬の改定

これらの調剤報酬は2年に一度、偶数年に改定されます。

2014年の改定において、特筆すべき内容は、在宅薬剤管理指導料と後発医薬品使用に今まで以上の推進を考慮した改定がされています。

また、消費税アップに合わせて、多くの項目で点数が相応に引き上げられました。

その改定の中で、患者さんに最も直結する点数と言えば、話題になっているお薬手帳。

今までは算定の必須要件になっていたお薬手帳への記載が、それを含めて行えば、41点、それ以外は34点というふうに設定されました。

この改定は、お薬手帳はいらないと主張される患者さんのことを配慮したものです。

Q) 全く同じ処方箋でも、薬局によって料金が違うことがあるけど、何故?

A)調剤技術料の中の調剤基本料が薬局によって異なるからです。調剤基本料は、薬局を維持するための費用と考えられています。薬局の機能。性質に応じて、必要な点数が算定できるようになっています。

Q)ある薬5mgを一日、二回飲んでいたのを、一日一回、10mgの薬に変更しました。薬代にずいぶん差額がありました。その理由は?

A)内服薬の調剤料は、服用方法(一日一回など)が同じものをまとめて、1剤として計算していきます。上記の場合、他の内服薬がどれも一日二回であったために、1剤でした。それが、このたび、内服薬の調剤料は、服用方法(一日一回など)が同じものをまとめて、1剤として計算していきます。上記の場合、他の内服薬がどれも一日二回であったために、1剤でした。それが、このたび、一日1回となり、2剤となりました。そのため、料金に差が出たということになるのです。

Q)お薬手帳を要らないと言えば、料金は安くなる?

A)これについては先述いたしました。新聞やマスコミが、色んな記事を出しているのでご存じの患者さんは多いです。東日本大震災で見直されたお薬手帳ですが、お薬手帳の必要性を患者さんに訴えていくのはどうしたらいいか、これも薬剤師の課題の一つです。