kaidan-1

エネルギー消費を上げるるためには、日常生活の中でこまめに体を動かすことが重要です。

そして、もっと運動量を増やしたいと考えた場合、どんな運動から始めるのが効果的でしょうか?

日常生活の中にとり入れやすい運動として最も推薦したいのが、階段の昇降です。階段を一階分上がるのにゆっくりで大体、20秒かかります。

4階まで上がったとしても1~2分しかかかりません。運動は一定以上続けないと効果がないと考える人が多いですが、このような短時間の運動でも一日に何回も繰り返しているうちに、効果は確実に表れてきます。

実際、アメリカの研究ですが、1~2分の短い運動でもその合計が一日約30分あれば、かなりの効果があると報告しています。

エレベーターがあっても、乗らずに階段を使うなどして、お金のかからない経済的な運動が可能です。

というわけで意気込んでジムに通うぐらいならまずは階段の徹底路用を目指してみてはいかがでしょうか?

ダイエットは、小さなことの積み重ねで成功できます。

ジョギングやウオーキングは?

エネルギー消費量が計算しやすいということでお勧めしたい運動です。

エネルギー消費量(Kcal)=移動距離(km)×体重(kg)

エネルギー消費量は大変、単純に計算できます。移動距離と体重で決まります。つまり、早くどんなに走ろうと、移動距離が同じであれば、消費エネルギー量はほぼ同じということです。

100mをかなり全速力で10本走れば、かなり疲れるけれど、運動をしたという達成感はあります。

逆に1kmを約8分かけて軽く走った場合は、あまり運動した気にはならないでしょう。

だが、現実的には、両者の消費エネルギーにそんなに違いはないのです。このようなことをよくわかっていないと、短時間で全速力走り、「今日は頑張ったから、少々、食べてもいいだろう」と、食べ過ぎてしまう……。

そして体重は減らず……。「凄い頑張っているのに、体重が減らない」ということになり、モチベーション、ヤル気まで下がってしまうといおう悪循環になるので、要注意です。