aki-1

MRは、Medical Representativesの略です。

自分の勤務する製薬会社の医薬品の適正使用化の促進や新薬情報等の提供をした り、医師、薬剤師等からの効果、副作用等の事例を収集し、自社の研究開発関係者にフィードバックしたりすることで自社製品の販路拡大の役目を担っていま す。

つまり、医療機関と製薬会社の連携という重要な役割の仕事と言えます。

MRになるためには

mr-sigoto-1

製薬会社やMR派遣会社に入社し、決められた研修を受けます。その後、MR認定試験を受けて合格すれば、MRとして仕事につくことができます。

医師、歯科医師、薬剤師は一部の試験が免除されます。

MRに向いている人

医師や薬剤師とのコミュニケーションが重要な仕事となってきますので、物怖じせず、積極的に話ができる人が向いています。

そのためには十分な専門知識を身につけ、コミュニケーション能力を向上させることで自分に自信を持つことが重要です。

MRは薬剤師の資格はいりませんが、薬の専門家の薬剤師がMRとして働けば、医師や医療機関関係者からの信頼度が増し、遣り甲斐のある仕事になることでしょう。

また、文科系出身のMRもいます。彼らは入社時には薬の知識はなくても、その後の研修と、薬に対しては無学という意識が向上心を煽り、人一倍勉強します。そのため、薬剤師だからとのんびり構えていると、すぐに追い抜かれてしまいます。そうならないよう、薬剤師の知識に+αを意識して勉強していきましょう。

MRの仕事内容

情報収集、情報提供が主軸の仕事です。例えば、プレゼーテンション、コミュニケーションなどのスキル等を駆使して、医師に自社の医薬品を使用してもらうための働きかけをします。

価格交渉等の営業は医薬品卸のMSが担当です。

MR=医師接待は基本的に廃止

2012年4月から、飲食の提供が一人当たり5000円、会合等に出される茶菓、弁当代は一人当たり3000円まで、医師側の娯楽(旅行、ゴルフ、観戦等)にかかる費用は禁止されました。

MRが医師を接待して仕事の融通をつけるといったやり方は過去のものとなりました。

外資系の製薬会社は、日本の製薬会社よりも早くから接待営業という形から脱却していて、質の高い医薬品情報を提供することに徹底し、MR本来の業務を追求することで医師達の信頼を獲得しようとしています。

今までと違って医師とMRが互いの仕事のパートナーとして尊重し合えるような関係にと、日本の製薬会社も徐々に接待自粛になっているようです。

スケジュール管理

MRは一日、多い時は十数件も医療機関を回り、医師達の仕事の合間を狙って、医師達とのコミュニケーションを持とうとしています。時間も不規則になりがちで、自宅からの直行、直帰になることも多いようです。

そのため、一日のスケジュール管理を自分でしっかりとやっていく必要があります。仕事に手を抜こうと思えば取り敢えずは可能な職業です。

しかしそれは何れ自己成績に響いてきます。自己管理、スケジュール管理ができる人に向いている仕事でもあります。

高収入だが、離職率も高い

薬剤師がなれる仕事の中でぴか一の高収入を誇りますが、その分、仕事のスキルの高さはかなりのものと予想されます。

派手に見えるけれども、シビアなこの仕事ですが、高給でなければ、やっていられないと考えているMRもいます。

たしかに、病院や薬局の薬剤師では身につけることができない特異なコミュニケーションスキル、ビジネスセンスを獲得することはできます。他の仕事についても十分役に立つスキルでもあります。

しかし、MRに遣り甲斐を見つけられた薬剤師もいる一方、文科系出身者でもこなせる仕事に薬剤師ならではの仕事でない空虚感、あるいは性格的にMRは向かないことがこの仕事を始めてわかったなどの理由から、長続きせずにすぐに辞めてしまう薬剤師もいるのが現実です。